インタビュー詳細ページ

【農業組合法人きすみの営農】女性の力を得た新たな営農スタイル

代表理事組合長 藤本弘文 氏

小野アルプスの恵みをいっぱいに受けた土地
 神戸市から車で約1時間の兵庫県小野市。日本一低いアルプスとされる小野アルプスの麓で「きすみの営農」(以下、「営農」という)の組合長として農業を営むのは藤本弘文さん。
 昔から農業が盛んなきすみの地区。小野アルプスのミネラルを豊富に含んだ水が鴨池に流れこ込み、これを水源として、毎年安定した作物を収穫できるのがこの土地の魅力。粘土質の土壌は、最も稲作に適した土壌だという。
 この農業に恵まれた土地で営農が管理する農地はなんと東京ドーム約8個分に相当する。その広大な農地で稲作を中心にそばや麦、そして野菜の生産・販売を藤本さんの指揮のもと行われている。

 

きすみの営農に舞い降りた女神たち
 きすみの営農の活動で特筆されるのが、農業に携わる女性たちの活躍。その女性たちは「きすみ農Girls」と呼ばれ、家庭では家族の食を預かる主婦である。彼女たちは大切な家族に安全・安心で美味しい農産物を食べてほしいという想いで、農業に携わっている。
 彼女たちが現れたのは4年前。全国の農村で悩まされる過疎高齢化の進展は、このきすみの地区でも同じだった。営農は年々減少する農家と担い手不足によって経営危機というところまできていた。
「『どうにかして担い手を見つけないと』という思いで周辺一帯に募集をかけたんです。当時はずいぶん切羽詰まった状況だった。」
と話す藤本さん。少しでも雇用条件を良くするなど、切実な思いで募ったところ、応募してきたのは農業経験が全くゼロの主婦たちだった。農業は力仕事なうえに、農業機械も扱わなければならない。そんなことが若い女性にできるのか…と心配はもちろんあったが、めきめきと仕事を覚え、上達していく彼女たちに対して「女神が舞い降りた」と思ったそうだ。
「高齢の農家には思いつかないアイディアで、生産性を飛躍的に伸ばしてくれています。」
と、話す藤本さん。きすみの営農では、農地ごとに肥料の量や施肥の時期を変えていたが、それらは全て農家の勘で行っていた。しかし、彼女らはそれをパソコンによってデータ管理する事でわかりやすくし、結果的に収入に直結する経営面積の拡大に大きく貢献してくれたそうだ。彼女らは、それぞれにできる事を役割分担し、作付け計画の作成から農業機械の操作までをこなすことで今では営農の中心的な存在となっているという。
 さらに地域に密着した農業スタイルも営農の特徴。収穫した作物の一部は地域の給食センターで使われているそうだ。また、営農の設立当初から、毎月「きすみのえいのうだより」を発行しており、主催する収穫体験などのイベント告知をしながら、地域とのふれあいを大切にしている。


 

将来の農業を見据えて
 現在は、主力のお米を加工したお餅の商品化を行う藤本さんたち。それらの加工品は、ふるさと納税のお礼品に使われるなど、市を代表する産品として高い評価を受けている。
「今後もこの小野市の名物になるような加工品を作りたいですね。」
と、新しい加工品づくりへの意欲を見せる藤本さん。現在は、アイディアを模索しながら、試験的に新しい作物を生産する一方、担い手の育成のため、早くから役員を若い世代へバトンタッチして知識を身に付けてもらえるようにしたり、耕作放棄された土地を整備し、新たに農業を志す人が参入しやすい体制を整えたりと日々挑戦を重ねている。


住所/兵庫県小野市下来住町1867
問い合わせ/TEL: 0794-63-8454  FAX:0794-70-8565ームページ/http://kisumino.jp/

 

印刷はコチラ 

 http://nou-inno-hyogo.jp/enkakun_plus/efiles/upfiles/124.pdf